福岡の住まいってDOGENNE?

福岡の上質な住まいの情報誌『セレンデ』。
その編集長、福田氏が福岡の新築マンションの現状などを紹介します。
これからマンションライフを考えている方も、そうでない方も是非。

多忙な父親のための子育て参加術

2011年06月28日

「イクメン」という言葉は、聞いたことはありますが、イクメンしている人には、今のところで出会ったことはありません。

父親として、子育てには参加したいのだが、仕事が忙しくなかなか実現できないというのが現実でしょう。(福岡では見かけないが、東京あたりでは、イクメンは多いのでしょうか?)

さて、リクルートが出版している「都心に住む」という雑誌に

「多忙な父親のための子育て参加術10」というものが紹介されていました。

「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹さんや育児ジャーナリスト、スクールカウンセラーの方など識者のアドバイスという物ですが、ざっと読んでみると「妻をサポートする」という内容が多く、個人的に反省しきりの内容でした。

簡単に紹介します。

1、朝、顔を合わせる

今日もあえて嬉しいという気持ちを込めて「おはよう」と挨拶すると愛情が伝わり、子供の心が満たされるそうです。

2、父親が主役の絵本を読む

絵本の読み聞かせは大切。定番の「お父さんはウルトラマン」(定番なんですね?知らなかった。)など父親が主役の絵本なら感情移入して読めるのではとのこと

3、ジョークを言う

父親が帰宅前は母親が忙しく家中がギクシャクしたムードのため、雰囲気をなごます必要があるためらしい。オヤジギャクでも可。とのことだが、妻の油に火を注ぎそうな気もしますね。

4、秘密を共有する

5、祖父母に預ける

妻を休ませるために、祖父母に預けたらということらしい。

6、文通をする

7、自分の事は自分でする

その分、妻の負担が減るからとのこと。

8、妻に「ありがとう」と伝える

大事ですよね。

9、客観的データをもつ

「まだ字がかけない」など悩む妻に「◯歳までに出来れば大丈夫」などのデータを伝えられれば、妻が安心出来るというもの

10、父子で一緒に家事をする

という10項目でした。

全部はやる必要はないですが、出来るところから始められたらいいかもしれませんね。

私は、まずは8番をやってみたいと思います。

REACTION(この記事に対するリアクション)

COLUMNS(専門家によるお役立ちコラム)

福岡の住まいってDOGENNE?

デザインに心躍る日々

ふくおかランチスタイル by福岡の街?

お電話でのお問合せはフリーディアマンションギャラリー(フリーダイヤル)0120-838-030

  • このエントリーをはてなブックマークに追加