福岡の住まいってDOGENNE?

福岡の上質な住まいの情報誌『セレンデ』。
その編集長、福田氏が福岡の新築マンションの現状などを紹介します。
これからマンションライフを考えている方も、そうでない方も是非。

福岡都市圏 新築マンション市況 2011年振り返り

2011年12月28日

もうすぐ、2011年が終わります。
今年1年間お付き合い頂きまして、ありがとうございました。
振り返ってみますと、2011年の福岡の新築マンション市況は
「好調」だったと言えます。

好調に導いた要因としては、

1,需給バランスで言うと、供給が少なく需要が上回っていた事。
2,消費税の将来的な増税への駆け込み
3,低金利
4,バランスの良い?販売価格
→今後の物件は土地高値仕入れ、工事費の上昇から
販売価格が上昇する可能性があります。

という4点があげられるでしょうか?

そして、良い意味で期待を裏切った販売トピックスとしては、次の2つでしょうか

1,供給が重なった大橋エリアでも、販売が好調に推移。
オーヴィジョン大橋南・塩原、フリーディア大橋、
サンリヤン大橋3丁目、MJR大橋プレシャスコート、
プレミスト大橋、アルファステイツ大橋南
と398戸の供給がされました。
通常、これだけの供給が1エリアに固まると販売は苦戦するのですが
今回は好調に売れてしまっています。

2、東区の駅前の「プレミスト千早タワーツインマークス」が完売に!

福岡では珍しい500戸超えの物件で、その戸数の多さから販売が苦戦すると予測された物件ですが、こちらも販売好調。もう完売すると聞いております。
確かに、駅前で平置き駐車場100%で、価格バリューもありますので
売れるとは思っていましたが、まさか今年で完売するとは予測できませんでした。

来年は、全体的にマンションの供給数は増加する予定です。

供給は増えますが、
低金利は続きますし、増税前の駆け込みも予測されますので、
新築マンション市況は引き続き好調に推移していくと思われます。

2011年の新築マンションの供給数、販売数まとめは

来年の2月ごろブログでまとめさせて頂きます。

では、来年もよろしくお願いします。

REACTION(この記事に対するリアクション)

COLUMNS(専門家によるお役立ちコラム)

福岡の住まいってDOGENNE?

デザインに心躍る日々

ふくおかランチスタイル by福岡の街?

お電話でのお問合せはフリーディアマンションギャラリー(フリーダイヤル)0120-838-030

  • このエントリーをはてなブックマークに追加