デザインに心躍る日々

フリーディアマンションの外観やエントランスに生きたデザインを施す建築デザイナー
「リアルクリエイション」の中島氏が「人の笑顔を生み出すひらめき」をテーマに日々を綴ります。

オカメインコ

2011年09月20日

さぁ、今年も第9の月が佳境に入りました。

旧暦では「長月」

夜長月の略が「長月」という説が有力説だそうです。

夜が長いということで、朝晩の冷え込みがはじまり、

幾分かすごしやすくなったのではないでしょうか?

年末まで、あと少しですね。

個人的にはラストスパートがはじまった!

という雰囲気を、毎年このくらいから感じます。

こんにちは。リアルクリエイションの小島です。

さて、タイトルのオカメインコですが、

こういったインコをオカメインコといいます。

私も全然知りませんでした。

特徴はと言いますと・・・

言わずもがなですね。

「ほっぺ」と「とさか」がその特徴でしょう。

他にはほっぺのチークがない、

「ホワイトフェイス」と呼ばれるオカメインコもいます。

こういった種ですね。

オカメインコは幼いころから育てると、

非常に人になつくそうです。

かわいらしいですね。

さて、なぜ突然オカメインコなのかと言いますと、

とある歯科医院の建築デザインをおこなっていまして、

クリニックの顔になるロゴデザインの際、

「オカメインコをロゴマークにしてほしい」

と医院の先生から言われたことが、その発端です。

なんでも、オカメインコを飼っているそうで、

マスコットキャラクターにしたいそうです。

正直にいいますと、オカメインコを知らなかったので、

全然ピンとこなかったのですが、

飼われているオカメインコの写真を、

携帯で見せていただき、

非常に特徴的な「よそおい」だったので、

ホッと一安心したのをよく憶えています。

こういったキャラクターものは、その特徴をいかにデフォルメするかが

その鍵となります。

そして、様々な印刷に耐えられるシンプルさが必要になってきます。

そうやって、情報を削り、削り、削って出来たのが・・・

このマークです。

コンセプトは

「万年筆で書いたようなライン」

それこそ流れるようにササッと書かれた雰囲気を意識しました。

横を向いている姿を背中越しに見ている。

といった感じでしょうか。

なんとなく180度回転させても、おおよそ同じ形になることも意識しました。

SやNなどがそうですね。

こうすると、視覚的安定感が生まれます。

個人的には大満足のこのロゴマーク。

はたして、お客様である先生にも大変喜んでいただき、

とてもよかったと思っています。

あと2か月もすれば、その医院もオープンになります。

このロゴマークのオカメインコも

もうすぐ羽ばたいていくと思うと、

まさにひな鳥が巣立っていく親鳥の心境です。

REACTION(この記事に対するリアクション)

COLUMNS(専門家によるお役立ちコラム)

福岡の住まいってDOGENNE?

デザインに心躍る日々

ふくおかランチスタイル by福岡の街?

お電話でのお問合せはフリーディアマンションギャラリー(フリーダイヤル)0120-838-030

  • このエントリーをはてなブックマークに追加